17-2-3

面談に際しての注意点

限られた時間内の弁護士の無料相談サービス活用に際しては、十分な事前の準備作業が欠かせません。売掛金問題であれば、総額はいくらなのか、どの程度の遅延なのか、相手先が占める事業に於けるウエイトはどの程度かなのかなど、弁護士が傾聴から冷静に現状を判断する上で必要な情報を、より確実かつ簡潔に、そして何より嘘偽り無く伝えなければなりません。

仮にこの段階で具体的な資料を何も用意せず、弁護士に向かって自身の怒りと不安を一方的に吐き出すような時間を過ごしてしまえば、それは相談ではなく単なる「憂さ晴らし」となってしまいます。意外に思われるかもしれませんが、弁護士との面談という初体験の緊張感から、無意識のうちにこうした言動に終始される相談者が見られるのも事実です。

また相談の最後には、仮に正式に弁護士に回収を依頼した際の報酬、すなわち弁護士に支払う費用に関する説明と、何より100%全額回収が確約されない現実の説明が伝えられます。皆さんに売掛金未払いが生じている以上、他の取引先とも同様のトラブルが生じていると踏まえておかねばならず、最悪相手先が逃亡してしまう、倒産してしまうなどの展開も想定の上、あらゆる展開を仮定からの総合的な最終判断が求められます。こうしたポイントに関しても、弁護士の見解は参考になりますので、臆せず意見を仰いでください。